本当の自分ってなんだろう・・・

ここでは今まで自分と向きあってこなかった私が自身の体験談を綴ります

【乳幼児から幼少期】

家庭環境は両親は共働きで0歳から実家に預けられていた私。

父は祖父が築いた建設業の従業員として働き、母はデパートで働き生計を立てていた。建設業の朝は早いため朝6時には実家に預けられ、夜は実家でお風呂に入れてもらいミルクもたらふく飲んで家に帰って寝るだけだったという・・・笑 

幼少期は幼稚園に通いその時から恥ずかしがりやで自分の意見を言うことができなかった。

家庭環境といえば、両親のケンカが絶えず小さいながらに険悪なムードというのを覚えたw

ケンカの内容はわからないが、その度父は物にあたり度々母へのDVそんな最悪な環境で過ごした私はいつしか険悪なムードから親の顔色を常に見ながら生活していた。ケンカ中は家族の会話ほとんどなしでテレビの音だけ、些細なことから両親の言い合いが始まり私はビクビクするw

実家に預けられていたため普段甘えられる環境はなく祖母の畑の仕事について回る。でも祖母はそんな私をとても可愛がってくれた。私の口数が少なくても祖母は常に優しく話しかけてくれた。上手に返答ができなくてもそれに対して言ったりせず。そんな私はおばあちゃん子なのだ。

【小学校時代】

小学校時代も相変わらず恥ずかしがりやは変わらず、自己主張もできず、授業であてられると赤面になり頭が真っ白になり何も答えられずそれがトラウマになり授業中あてられたらどうしようとそればかりが気になり授業に集中できず結果勉強もままならないという・・・w

そんな小学校生活を送っていて、無口な私は学校の日常を両親に話したりすることはなく自分の中だけに留めていて心に蓋をしていたような気がした。話そうとしても上手に言葉にできないから。上手に言葉にできなかったらどうしようとか。考えていていつしか学校の日常を話さなくなった。無口な私を両親は特に気にかけず、もじもじする子だから私がやる前になんでも先回りしてやってくれた。

記憶に残っているのは小さいチョコのカップ詰め放題でわくわくして楽しく詰めた結果・・これじゃダメ!と最初から詰めなおす母

4年生の遠足の荷造り終わったのに、これじゃダメ!と言いながら荷物を全部出して母が入れなおすという・・・母からは、何でこんなこともできないの~なんて言われていた

このくらいの時期から私ってなんにもうまくできない、だめだな~と思うようになったかも

気質が繊細だから否定されると人一倍ダメージが大きいからか。否定されるのが怖くて自分の意見を言わなくなったのかな~と今ふと思う。

【中学時代】

中学時代も相変わらずの性格で部活も特にレギュラーでもなく、勉強もでず自分に自信があるものはなにもなし。熱中できるものもなし。

なんとなくで中学時代を過ごしていたな~ 自分でなんとかしようとかそういう意識もなかった。

【高校時代】

高校は案の定低レベルのところしか行けず、入れる高校を受験。ちょっと悪ふざけしてそれに賛同してくれる仲間がいてやっと自分の居場所や意見が少しずつ言えるようになったような気がして、時にやんちゃしすぎて停学になって親を泣かせてしまったり。。なにをやってるんだ私は。。。激しく反省

その後は高校を卒業して地元を離れ就職。親元を離れるのは正直不安だったけど、その先にやりたい仕事を見つけられた気がしたからわくわくのほうが強かった。

就職して2年で辞めて結婚し出産。その2年後二人目を出産。産休や育休も取得せず子育てと慌ただしい日々を過ごして15年、、自分の気持ちを抑えたまま、そして自分とちゃんと向きあわずここまで来た結果・・・会社に行けなくなりました。

パニック障害、適応障害、うつ病を発症。元々繊細気質

1か月はとにかく廃人、、朝起きれない、会社に行けない、罪悪感からの号泣、やっぱり私ってなんにもできないんだ。。と日々自己嫌悪に陥る。そして休職。

当時のことを思い出すと今もこうして書いていて胸が苦しくなります。

2か月くらいからだんだん薬のおかげでまともではないけれど朝はとにかく子供のお弁当をつくるため気力で起きる!送りだしてからはまた廃人に戻り、昼くらいに少し行動しまた廃人になりと日々同じようなサイクルで生活。休職生活するにつれこうして昔のことを振り返ったり、掃除・洗濯、軽い運動ができるようになってきました。

環境にとても左右されやすいので余計に疲れてしまうため今の職場には戻ることはできそうにない。特に人の悪口や注意されている人などどうしても自分のことのように受け止めてしまい。職場の雰囲気や人の顔色などとても気にしてしまいます。そんな自分に嫌気がさしますが、、、そういう性格・気質のため気にしないができないのです。

自分という存在に目を向けて向きあい大事にすることで少し楽になるんじゃないかと思います。

まだまだつらい状況から抜け出せていませんが少しでも前向きになれるように綴っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました